緑の多い23区隣接エリア|気軽に賃貸物件に入居できる敷礼ゼロ物件|人気の家を見つけよう
マンション

気軽に賃貸物件に入居できる敷礼ゼロ物件|人気の家を見つけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

緑の多い23区隣接エリア

マンション

利便性と住環境の両立

西東京市は東京都の多摩地区北東部に位置し、平成13年に保谷市と田無市が合併してできた市です。人口は20万人弱で都心回帰傾向の中、微増を続けています。これは利便性と住環境のバランスが取れていることを意味しています。人口が増加を続けている理由の一つには、アクセスの良さが挙げられるでしょう。電車やバス、タクシーなど交通に活用できる移動手段は殆ど備わっているエリアで、尚且つ各中心部にもすみやかに行ける立地からビジネスマンなどに重宝されているのです。西東京市内は住宅地が大半を占め、不動産物件は低層住宅が目立ちます。近年は幹線道路沿いや工場跡地にマンションが多く建ち、住環境に加えて利便性も評価され、安定した人気があります。

安定した物件の供給

西東京市内は農地も多く残っているため、今後も宅地化が進むと予想されています。相続に伴い放出された広い農地や宅地に、マンションやまとまった棟数の戸建住宅が建つケースが多く、供給は順調に続くと思われます。利便性の高さよりも居住スペースの広さを求めるファミリー層は、都心よりも23区隣接エリアの不動産物件を求める傾向があります。安定した不動産の供給量はその追い風になります。一方中古不動産物件は割安感があるため、優良物件を中心に取引が進むと考えられます。また西東京市はファミリーだけではなく、学生やシングルが多いのが特徴です。アパート・ワンルームマンションを中心とした賃貸物件が多く、今後も大きな変化はなく推移すると思われます。西東京市に移住を考えている方は、早めに不動産情報を確認しておくことをオススメします。需要が高いエリアの情報は流れが早いため、いち早くチェックしておきましょう。